オンラインで学べる動画講座ページができました

占いが当たるか当たらないか、その差ってなんでしょう?

占いが当たるか当たらないか、その差ってなんでしょう?

 占いというのは、できるだけ簡素に考えた方がよく当たります。カードの場合、ぼくは吉凶をあまり問いません。たとえば、ぼくが作った陰陽師カードには「正位置」と「逆位置」があります。でも、位置の正逆で、吉凶を判断しないんです。

 ただしタロットの本には、「逆位置」を悪い意味として解説していたりします。正位置とのギャップを付けるためにあえてそうしているわけです。ですが、 実際は「逆位置」が出ても「悪いことが起きるという」意味ではありません。

じゃあ『逆位置』って何?

ひと言でいうと逆位置は、
「見当違い」
「いま時期ではない」
という印象を表しているんです。

 いい線なんだけど、まだタイミングじゃない。間違ってはないんだけど、具体的に決まってない。あるいは、方向は正しいけどマンネリ傾向。という意味として捉えます。

「正位置」は、ことが円滑に進む。
「逆位置」だと進むためには試練が起こる。
このように判断するわけです。

 カードは、あくまで「傾向」をみるのです。だから「逆位置」がたくさん出ても、困惑してはいけません。占う側が困惑していたら、占えないですからね!笑

 相談者に伝えるときも、逆位置だから悪い、とはいわない。時期や具体性をつめていく上で、キーポイントにするだけです。では吉凶を、何で見るのか。それはカードの組み合わせです。悪いカードが1枚ぐらい出ても、さほど気にしません。

2枚出たら、まぁ危険です。

5枚引いて4枚とも出ちゃったら…

中止できるなら中止したほうがいい。でも、もう走り出しているのなら、最新の注意を払って行動する。と、このように判断します。

 カードの意味は、名前で覚えるのもいいですが、「絵」から受け取る印象で、良さそうか悪そうか判断するほうが当たります。まあ、凶札は色も暗めですし、怖そうなイメージなのでだいたい察しは付きます。中には、凶カードなのに、「意外とカッコいい」なんて感じ取る人もいます。それはそれでOKです。

くりかえしますが、カードの意味よりイメージ優先!

このキホンを忘れないでくださいね。

 本職であろうが趣味であろうが、せっかく占うのであれば「当たる」占いをしたいですよね。占いが当たるか、当たらないか。その差ってなんでしょう?

 できるひと、成功するひとは頭で考えないで心に吸収します。バイアス(思い込み)がなく、じぶんの経験で考えたりしない人が素直になれるんですよね。

 そういう感性を、身につけてもらうためにDMMオンラインサロンをスタートしました。おそらくいつかぼくのオンラインサロンに入会してくれると思っています。いや、すでに入会済みでしたらありがとうございます!まだ入会していない人は必要性を知らないからだと思います。

 月2回、平日夜と休日昼にLive配信を行います。ほしよみ堂に所属していたら、質の高い鑑定テクニックを磨いて欲しいのです。占術や占いビジネスなど、悩みを相談したり意見交換することもできます。また、非公開動画を不定期で公開します。

↓参加はこちらから↓

https://lounge.dmm.com/detail/5774/

ほしよみ堂が名古屋に復活しそのリターン企画として、来月12月30日(金)に、名古屋でセミナーを開きます。

【名古屋ほしよみ堂】占い師養成2...
【名古屋ほしよみ堂】占い師養成2時間セミナー【記録動画なし】 12/30(金)の年の瀬に 大好評【占い師養成2時間セミナー】 が名古屋ほしよみ堂で開催されることとなりました。 この講座のためにTaka先生が 東京から名古屋へ出張し 参加...

陰陽師カードを使った誰でも簡単に占い師として活動することができるセミナーです。年の瀬だというのにすでに数名のお申し込みがあります。年末最後のイベントへ中部地方の皆様、お集まりください!