「手相占い」「風水」の講座が開校いたしました!

先行き不安な今だからこそ、占い師という生き方を提案したい

2019年12月初旬から始まったコロナウイルスの爆発的感染が2年目に突入しています。

いまだ収束するきざしもなく、ワクチン接種もようやく人口の半分を過ぎたようです。

知り合いの肉親がコロナに感染していたり、
ワクチンで具合が悪くなった…などという話もチラホラ聞こえてくるようになりました。

時差出勤、飲食業も時短営業となり、
仕事の主な作業が在宅ワーク化しています。

海外旅行なんて、いつ行けるかわからない状況です。

すでに仕事がある人、
在宅ワークでも仕事ができる環境にある人はいいかもしれません。

ですが、これから社会に出て活躍し、日本の発展を担っていく世代の若者たちは不安しかないでしょう。

以前のリーマンショックで
就職氷河期となった世代が考えたのは
資格を取るか、公務員となるか
または自分で会社を興すかでした。

しかし、そこには大きな問題があります。

資格を取るためには試験が必要だし、公務員になるためにも競争率がとても高い。
自分で会社を興すには協力者が必要です。

それでは、何もない子たちは?

しぶしぶ契約社員かフリーターとなりました。

特に興味も持てないし、好きでもないのに、不安定な職を選ぶしか選択肢がありません。

いまだにそれは続いていますし、今後さらに悪化することが予想できます。

加えて、常識に囚われた社会に
なじめない気質を持った子たちや、
すべてに疑問を投げかけてしまう子たちは
さらに過酷な環境によって心を病んでしまいます。

その感性の弱さから、占い・スピリチュアルの道に進むことも珍しくありません。

たしかに占い師という職業は、
自分のことがわかる。

さらに人も幸せにできる可能性のある素晴らしい職業です。

ただし、それは
占いという技術を正しく使った場合のみです。

使い手の技量が高く求められる職業なのです。

使い手の技量が低い場合には
【占い師=インチキ】
という印象が生まれる危険性もあります。

特に日本では【占い=神秘=インチキ】という価値観が根強い気がします。

それでは、占いの使い手、
本物の占い師になるための高い技量とはなにか?

どうしたら、お客さんを幸せにできる占いができるのか?

どうやって占いの知識を学べばいいのか?

どういう姿勢で取り組むべきなのか?

原宿占い学院は、占い師としての正しい知識と、占うときの姿勢、
高い精神性の培われ方を総合的に学べる場所です。

そして、なにより
当学院のリーダーである中島多加仁先生はそれをよくご存知で、片時も離れず、惜しみなく、毎日講師たちに伝え続けているのです。

その結果、講師たちは質の高い鑑定ができるようになり、人気の占い師となってお客様に感謝されているわけです。

学院に入学すると、そういった講師たちと直接触れ合い、話を聞くだけで自然とそういうマインドになれます。

言葉では言い表せない感動を、
あなたはこれから受けることができるはずです。

まずは無料メルマガを登録してください。
毎朝8時に1,300文字の記事が届きます。

http://www.nakashimatakahito.com/mailmag/pc/

そして、Twitterをフォローして珠玉の言葉に毎日触れてみてください。

http://www.nakashimatakahito.com/Twitterlp/

それだけで人生観が変容し、ストレスが半減したという声が毎日届きます。