「手相占い」「風水」の講座が開校いたしました!

コラム:紫微斗数の誕生秘話

紫微斗数には、多くの謎めいた伝説があります。

言い伝えによると、宋の時代に、陳希夷(ちん-きい)という道士によって始められたとされています。

彼の著書とされる「紫微斗数全書」は、まさに聖典ともいうべき書なのです。
その生涯は謎が多く、ゆえに正確な情報は誰も知りません。
通説では、864年に現代の河南省で生を受けたとなっています。


幼くして両親を無くした彼が、5歳のときのこと。川辺で遊んでいたところに、青い衣を着た不思議な婦人に拾われ、養育されました。伝説によると、その女性は「九天玄女(くてんげんにょ)」という女神の化身だとされています。
彼の生きた時代は、まさに戦乱の真っ只中。大唐帝国は相次ぐ反乱の末に滅亡し、そして五代十国の時代へと突入しました。

そんな時代ではありましたが、陳希夷は勉学に励み、高級官僚の道を志したのです。
秀才との誉れ高く25歳の若さで進士に推挙されたのですが、科挙の試験に落第してしまい、それを機に彼は、権力への興味を無くしたのです。

詩にも関心を持つようになり、詩人としても名声を得たのですが、これもすぐに飽きて、ついに仙道をこころざしました。

そして武当山(ぶとうさん)という道教の霊山に篭もり、それから二十有余年、導引術(どういんじゅつ)の修行に明け暮れました。
70歳を過ぎた頃、ついに彼は、神通力を駆使できるようになったのです。

つねに「易経」を手放さず、学問三昧の日々。そんな彼の噂を聞きつけ、五代十国の皇帝たちは、自国の発展のために召抱えようとしたのですが、いつもその誘いを丁重に断っていました。

960年のこと。陳希夷は、ある予言をします。

「宋の国が戦乱を収め、中国を統一する」

見事、これが的中しました。
その実力に感銘した宋の皇帝は、4回にわたって陳を招聘します。
が、彼はやはり辞退します。

しかし5回目にして、ようやく皇帝が用意した道教の寺院に住むことを承諾しました。それが976年のこと。晩年の40年間を、そこで過ごすことになったのです。

あるとき皇帝は、道術の秘伝を教えてくれるように望みました。
すると彼は、

「道術など、世の中の何の役にたつのでしょうか?それより陛下は、国の経営や政治に専念すべきで、そのほうが世の中の役にたつことです。陛下は、その才能をお持ちであられます。こうした道を歩むことのほうが、道術を極めることより、ずっと立派なことなのですよ」

と答え、皇帝はますます彼に心酔したのです。
その後、陳希夷は自分の知識を後世に伝えるために著述作業に専念しました。

有名な書籍として、人相学の決定版である『神相全編』をはじめ、導引術(どういんじゅつ)の書や詩集もたくさん残しています。

伝説では、『紫微斗数全書』や『河洛理数(からくりすう)』などの占いの秘伝も書いたとされますが、これらは後の世に、権威づけの目的でそうしたようです。

だからといって、その本の価値が低いという意味ではありません。
983年のこと。陳希夷は自分の死を予言しました。

遺書をしたため、弟子に石室を作らせ、そこに横になったとき、118歳の天寿をまっとうしたのです。
彼の遺体は死後もしばらく体温を保ち続け、五色の雲がたちこめていたと伝えられています。

つまりそれは、彼が神仙界に昇天したことを暗示しているのでしょう。
そんな伝説的な人物が生んだとされる東洋の占星術。それが紫微斗数です。

中国において千年もの時の流れの中で紫微斗数は、いくつもの流派に別れました。
まず「南派」と「北派」に分裂しました。

南派はさらに「主星派」と「飛星派」に波及します。
そして飛星派は「宮動派」と「宮不動派」に。

最終的には、宮動派が「小限派(しょうげんは)」と「太歳派(たいさいは)」に別れて広まり、現代に至ります。

その他にも三合派、占験派(せんけんは)、崑崙派(こんろんは)、河洛派(からくは)などがあります。使用する星の数も30個程度から、100を越える派までさまざま。

現在の主流は小限派ですが、じつは台湾で急成長の流派が『太歳飛星派』なのです。